ヘマにおける、演説の両極端な違いは何

特ダネネットで、都内都知事関連の特ダネは数多くその多くの講話が、非常につらい物でした。特にしてきたことを考えればもちろんって感じですが、対価を何%燃やすかどうしてたらこうたらとか、只不信任決議が出て何があっても辞めない印象が変わりつつあります。もう少し早めに、辞職していればこれほど非難を受けなくとも済んだのにと思うのですがどうなんでしょう。
ところで、それとは打って変わってJAXAのX線天文清掃のひとみの非(個人的には酷い実例葉あまりわからないが)で代表が非を面接しておわびやる特ダネのクライアントは非常に同情的講話が多いし、科学というのはキャッシュも増えるし非が付き物今後頑張れば良いといった歓声お便りもちょくちょく見えました。
当然おわびの土地は違うものの、両極端な講話の多種逐一確信できるものが多いですね。
こうみると、無分別に講話を書く人は意外に少なくて断然ネットでは考えた上の演説が多いのではないでしょうか。