何でバイクに乗じるのか、それはバイクという足がかなり明るい後押しだから

雨が降ったらびしょぬれ、夏は汗びしょびしょ、冬季は寒くてがたがた、災いをすれば大損傷。バイクに乗らない自分にとって、なんでそんな足に乗るのかと不思議に思えることでしょう。そうですね。乗っている自体からしても時としてなんで僕は乗っているんだろう、寒いし暑いし恐れだしなんておもうことがあります。それでもライダーはまたバイクに跨がります。自動車はライフの七つ道具、バイクは支え。そうなんです。バイクは大切な支え。ひっそり冠を塗り付けちゃったりすることもあったりして。おんなじ歩廊でも自動車で滑るのとバイクで走るのとではからきし違う。シーンも印象も一際バイクで滑るほうが可愛く捉えちゃうんです。オイルやガソリンの気分や心音のようなエンジン音声も誘惑なところです。人馬一体という台詞がありますが大層自分のバイクと一体になって振りを切って滑るって最高です。時期を直接的素肌で見えるんです。時期の変化がわかります。雨に濡れようが暑かろうが寒かろうがそれはそれで楽しんでしまうのがバイク上がりの心意気だ。これからもライフライダー、バイクにのぼり続けます。ベルタ葉酸サプリで損をしない買い方

変な夢ばかりみてしまい何度も起きてしまいます

最近おかしな夢をたくさんみます。
大抵働いていた頃の苦手な上司や契約社員が出てきます。
仕事を辞めることは決まっているのに、いつ辞めるのかが決まっていなくて結局働き続けなければいけないというとても辛い夢です。
私は前の会社がとてもトラウマで、今でも自分の心の奥底に根深く残っているんだと思います。
こういう夢を見ると、変な時間に目が覚めます。
冷や汗をかいている時もおり、起きるたび「夢で良かった」と安心します。
退社してから一年以上たつのに、いつまであの人達に苦しまなければいけないのかと腹がたってしまいます。
でも、その分今はとても幸せに暮らせているので夢ぐらいは我慢しようと思います。
起きるたびに今の暮らしに感謝できますしね。
前の会社で辛い思いをしたからこそ、今はちょっとやそっとのことじゃへこたれません。
「前の会社で働いていた頃よりマシ」と思えるからです。
今は優しい旦那と可愛い子供に囲まれて充実した毎日を送ることが出来ています。