タケノコの季節だ。おいしいけど、いっきに集まったよ。

春になり、タケノコの季節になった。特にタケノコご飯は孫が大好きなので、朝から炊いてやったら大喜びで学校に行った。昨日お隣からいただいたタケノコをあく抜きをしておいたもので、とっても新鮮でおいしかった。そして朝玄関のチャイムがなったので出てみると、今度はお向えの奥さんが「主人の実家でできたタケノコだけど食べる?」といって、すでにあく抜きをしてゆでてくださったタケノコが届いた。わおっ!!なんてうれしいことだろうか。今日は、さといもと一緒に煮込むことにしよう。それにしても、ご近所と仲良くしているとこんなうれしい事がよくある。昨年も、娘の友達が泊りがけで遊びに来ていたので、いただいたタケノコでタケノコご飯を作ったら、美味しいと言って、何杯もおかわりをして、「おばさん、明日帰りの新幹線の中で食べたいから、おにぎりにしてくださいますか?」といってくれたので、そんなに喜んでくれたんだと、びっくりした。これもご近所さんからいただいた新鮮なタケノコのおかげです。