東京五輪以後を見据えた資産運用のポイントとは

2020年に東京でオリンピックが開催されるため、最近ではあちこちで建設土木工事が行われています。したがって国内の経済活動も極めて活発であり、株価も順調に上昇しています。しかしオリンピックに向けての建設工事が終了した後は、国内の景気が低迷する可能性も高まります。また2019年に実施される予定の消費税の引き上げも、景気悪化の不安要因の一つだと言えます。このような状況を総合的に考えながら、守りの姿勢で資産運用を行うことがこれからの課題になります。そのためにはすべての資金を株式に投入するのではなくて、現金の比率を高めるなどの慎重な投資姿勢も求められます。しかし投資経験が浅い人が機動的に資産内容を変えるのは、非常に困難なのも事実です。投資のキャリアが短い人の場合には、バランス型の投資信託を継続的に積み立てるのが効果的です。積み立てNISAや確定拠出型年金などの制度を使うと、非課税のメリットを生かしながら効率よく資産を増やせます。https://www.sandlerltd.co/kireimo-yoyaku.html