人間って欲深いものなんだなと最近思いました。

最近、あれが欲しいけど、お金がない、次はあれが欲しいけど、これがどうとかいう欲って尽きないものだなと思いました。
学生時代には、彼と一緒に住むことができなかったから、一緒に住めたらどんなに幸せなことかと夢見たものですが、
いざ一緒になってみると、次は自分の自由なお金がないから働きに行ったりもしたいとか思うようにもなって、ほんと欲が尽きません。
なんで人間ってこんなにも欲深いものなのでしょうかね。
今ある幸せを幸せだと感じられる日ってすごく少ないんだと思いました。
そういう人はよほどにいい人なんだろうなと思います。
でも、ある意味欲があるから頑張れるということもあるかもしれません。
これが欲しいから、仕事頑張ろうとか、これをするためにこれを頑張ろうとできる目標みたいなものがないと、
毎日が楽しくないかもしれませんしね。
ただこの尽きない欲望に振り回されて、人生がめちゃくちゃにならないようにコントロールだけはしっかりしないといけないなと思いました。イクオス 通販

大坂なおみさんのことや父の転売、私のメルカリのこと

最近Twitterのタイムラインでよく見るのは新型iPhoneと大坂なおみの話題です。
大阪さんは最近アメリカのテニスの大会で優勝してから時の人で日本でも連日マスメディアをにぎわせていますが、彼女を日本人として協調しているのがなんだかなと思っています。
父親はハイチの人で彼女自身はアメリカ育ちなのでとても複雑で、そして豊かな背景を持っているので単なる日本人としてのくくりに押し込めるのは違うでしょう。
しかしそういうことは彼女が感じて考えることなので私がとやかく言うことではないかもしれません。
最近私の父宛てに雑誌が届いたのですが、封筒から透けて見えたところによると大坂なおみさんが表紙の雑誌で父も彼女のことが気になっているのでしょうか。
でも最近転売に興味を持っているそうなので転売目的で買ったのかもしれません。
はてさて、父の転売の挑戦がどうなるのか楽しみです。
私はメルカリで不要品を出品していますが、最近はあまり売れなくなって寂しい限りで、新たに商品を仕入れるかどうか迷うのでした。http://www.nationalfamilyhistoryfair.net/belta-itsumade.html

月城かなとさんの初バウホール主演『銀二貫』

2015年に宝塚歌劇団雪組で上演された浪華人情物語『銀二貫』?梅が枝の花かんざし?。��田郁氏さんの小説「銀二貫」が原作になっています。この作品は、月城かなとさんの初めての宝塚バウホール公演主演作品でした。ヒロインには、同じくバウホール公演初ヒロインの有沙瞳さんが選ばれました。
寒天問屋井川屋の主人・和助に銀二貫で命を救われる武士の息子・鶴之輔(松吉と名を改める)を月城さんが演じました。和助を専科より出演の華形ひかるさんが演じました。同じく専科から出演の英真なおきさんは井川屋の番頭・善次郎を演じました。
有沙さんは、井川屋の得意先の料理屋「真帆屋」の娘・真帆と、団子屋と営むお広の娘・おてつの二役を演じました。
松吉と同じ井川屋の丁稚梅吉・亀吉を久城あすさん・真條まからさんが、女衆のお里を愛すみれさんが、手代の定七を真地佑果さんが演じました。
幼少期の彦坂鶴之輔には、入団3年目の娘役の彩みちるさんが選ばれました。

今日は、子供が生まれたあとお祝をいただいたら何を返そうかなと考えました。

今日は、子供が生まれたあと、何かくれた方へのお返しに何がいいかなと思っていて、色々なカタログがあったのでそれをみて考えていました。私は最近よくプレゼントを見ます。見ていて楽しいし、色々と妄想できるから好きです。皆さんはプレゼントされることは好きですか?
私は、プレゼントってその人のことをよく考えて渡すことが大切だと思っています。なのでその人のことをよーく考えてこれにした!ということがとても大事なんですよね。自分の趣味で決めて自分はこれがいいと思ったから送った、ではなくて、その人にとってとてもいいなと感じたものを渡すのが心のこもったプレゼントですよね。それから、「私はこんなものをもらう価値はありません」などと言ってものすごい否定をするのもよくないそうですよ。それは、プレゼントをしてくれたその人を全否定してしまうことになるからです。
ですのでせっかくその人のことを考えて買ってくれたものを拒否することはよくないなと思っています。

朝だけ寒いし、服がよくわからないですね。

子どもの学校の洋服のことで、いつも朝迷います。
登校時はすごく寒いんですよね。
毎朝起きたらすぐに窓を開けて喚起するんですが、ヒヤッとした風が入ってきて、これは確実に長袖を着せて行かないと!と思うんです。でも子どもは暑いから半袖を着たがりますよね。
でも外の空気を感じるとうわっとなり、でも昼間はあついしな〜となやんだあげくやっぱり半そで、それにジャケットを羽織っていくんです。
長袖一枚でいけばジャケットはいらないのに、と思いますよね。
だって帰りには暑いからってジャケットをぐしゃぐしゃにしてランドセルに入れて帰ってくるんです。荷物を減らしたいなら長袖シャツを選ぶべきなのに。
そして明日は遠足です。
昼間は暑いから半袖がいいと思いますが、また同じ問題が。
上着はなぜかジャケットのみの指定なので、暑くなるとまた荷物が増えるんです。
それなら長袖の体操服を着て腕まくりすればよくないですか?
子どもって半袖半袖ってうるさいです。

タケノコの季節だ。おいしいけど、いっきに集まったよ。

春になり、タケノコの季節になった。特にタケノコご飯は孫が大好きなので、朝から炊いてやったら大喜びで学校に行った。昨日お隣からいただいたタケノコをあく抜きをしておいたもので、とっても新鮮でおいしかった。そして朝玄関のチャイムがなったので出てみると、今度はお向えの奥さんが「主人の実家でできたタケノコだけど食べる?」といって、すでにあく抜きをしてゆでてくださったタケノコが届いた。わおっ!!なんてうれしいことだろうか。今日は、さといもと一緒に煮込むことにしよう。それにしても、ご近所と仲良くしているとこんなうれしい事がよくある。昨年も、娘の友達が泊りがけで遊びに来ていたので、いただいたタケノコでタケノコご飯を作ったら、美味しいと言って、何杯もおかわりをして、「おばさん、明日帰りの新幹線の中で食べたいから、おにぎりにしてくださいますか?」といってくれたので、そんなに喜んでくれたんだと、びっくりした。これもご近所さんからいただいた新鮮なタケノコのおかげです。

手芸屋さんから、セールの案内が届きました。そして、淡水パールについて。

先日、地元の手芸屋さんから、セールの案内が届きました。
案内といいましても、ハガキ1枚、1色刷りのものです。
それでも、私の胸は高鳴ります。
ビーズや毛糸など、素敵な商品が会員に限り、お得になっているからです。
お得な案内を見ていると、私も淡水パールも買ってみようかなと思いました。
淡水パールとは何かといいますと、湖や川などといった淡水(塩水でない水)で育つ貝から生まれます。
反対に、いわゆるパール(真珠)は、海水で育つ貝から生まれ、育ちます。
淡水パール・パールの両方とも、人工真珠ではありません。そして「本真珠」と呼ばれています。
現在流通している淡水パールは、養殖による生産がほとんどだそうです。
淡水パールには、端正な丸い形になっているもの、バロック(歪みがある)になっているものもあります。
今まで、淡水パールを使って、何か作ったことはありませんが、今後私が腕を磨くためにも、淡水パールを使って、おしゃれなアクセサリーを作ってみようと思いました。http://www.ap4.co/epiler-vio/

今ひとつかな?と思っていたCDを買ってみました

私の好きなバンドのギタリストがやっている別バンドのCDを購入してみました。
会場限定販売の物で、私はライブに行かないので買う術がありませんでした。
ネットで視聴をすることは出来たのですが、どれも今ひとつぱっとしないなと感じていたのでCDは別に買わなくてもいいかなと思っていたのです。
所がオークションでかなり破格の値段でCDが売られていました。
これは買っておくべきかな?と思い購入してしまいました。
やっぱりそのバンドマンが好きだからCDでじっくり聴いてみたいという気持ちがあったのです。
感想を上手く書くことは出来ませんが、とても面白いアルバムだと思いました。
歌物ではなくインスト中心なので物足りなさは正直あったのですが、仕事中のBGMにしても全然邪魔に感じないのが良いですね。
前の出品者の方は1回しか聴かなかったそうですが、聴けば聴く程良さが分かるCDなのかも知れません。
他に出ているCDも機会があれば聴きたいです。

育児日記の後半もミキハウスのものを使いたいです。

今、育児日記はミキハウスのものを使っています。
妊娠してから、ミキハウスの会員登録をして、それでその時にもらいました。
ミキハウスのものはとても可愛くて使い勝手もいいです。
ただ、紙が普通の紙ではなくて、チラシのようなツルツルのものなので、ボールペンでないとかけないのが痛いところですが。
毎週2つコメントが書いてあって、そのコメントが結構役に立ったりするのでいい感じです。
今は4ヶ月ですが、もうすぐしたら6ヶ月になって後半のものになります。
なので、後半の育児日記も欲しいなと思っています。
その時が来たら、メールが来ると聞いているのですが、楽しみです。
新しい育児日記のコメントも気になりますし、早く見たいです。
やっぱり使い慣れているからこそ、次もこれを使いたいなと思いますね。
次の日記を書く頃には離乳食も始まっていて、また違う感じなんだろうと思うとなんだか楽しみです。
見直してみると今でも全然違うなと思いますし、やっぱり育児は一日一日が成長なんだなというのがわかります。

ガストのアンパンマンキャンペーンやってるみたい

小さいお子さんがいる方、いた方は分かって下さると思うのですが、小さい子どもたちってとにかくアンパンマン好きではないですか?
特に0〜3歳児位かと思いますが、私調べでは全員好きでした!もう、赤ちゃんさえも、アンパンマンのおもちゃやぬいぐるみ見せたら、泣き止む、笑うという姿をたくさん見てきました。
赤ちゃんって視力があまり良くないから、目鼻立ちがはっきりしてて、口が笑っているものに無条件に惹かれるとか聞いたことがあります、本能なのかな。
ところでアンパンマンといえば、ファミリーレストランのガストで時々、キャンペーンをやってます。
最近は場所が離れたので行ってないけど、通勤路にもあるので、今朝キャンペーンののぼり旗を見かけて気付きました。
私も長女が小さい頃、また出産後に娘2人になったときに、よくガストで食べました。食事って毎日作るのストレスだし、なんせアンパンマンパワーで子どもの機嫌が良くなりますから…
毎日食べるようなものではないけど、やっぱりガストは、パパママの味方だなと思いました。